Microsoft Virtual PC 2007の仮想OS実行ファイルを使う方法 (3/3)

▼⑯ 元の「仮想ハードディスク」画面に戻りました。「Win98.vhd」ファイルが選択されているのを確認し、「次へ(N)」ボタンをクリックして下さい。

Microsoft Virtual PC 2007の仮想OS実行ファイルを使う方法(15)

 

▼⑰ 最後に今までの設定した内容の確認画面が表示されます。問題無ければ、「完了(F)」ボタンをクリックして下さい。

Microsoft Virtual PC 2007の仮想OS実行ファイルを使う方法(16)

 

▼⑱ これでVirtualBoxにMicrosoft Virtual PC 2007から持ってきた仮想OSファイルの登録が完了しました。以下の画面左上部に「Windows98(A)」が表示されます。





Microsoft Virtual PC 2007の仮想OS実行ファイルを使う方法(17)

 

<注意>

 でも、この状態だけでは使えません。最初の注意にも書いた様に、VirtualBoxとMicrosoft Virtual PC 2007とでは仮想マシンのハードウエア環境が違います。つまりドライバーの更新が必要です。一旦、仮想OSを起動する必要があります。インストールCD(又はDVD)、又はインストール用のISOファイル等を用意しておいて下さい。「起動(T)」ボタンをクリックして仮想マシン上でWindows98を起動します。

 

< 戻る | TOPへ >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントを入れる前に以下を御覧ください。
VirtualBox のエラー & よくある質問